屋外にあるイベント会場や陸上競技場、あるいは学校の校庭などには業務用の温度計が設置されています。屋外施設において、グラウンドの砂や土、屋根の大きさなど、利用者の安全と健康を維持するための設備はとても重要になりますが、気温の変化を測定できる温度計の存在はその中でも一番重要な設備と言えるでしょう。人間の体調や心の状態に関しては、その場の気温はとても重要です。夏場の急激な気温変化は、運動選手にとって致命的ですし、冬の寒い中で長期的な運度をして身体を冷やすことは、身体をかえって悪くしてしまうことにも繋がりかねません。施設内のあらゆる設備は常に状態をチェックしておく必要がありますが、温度計だけは必ず定期的な確認、校正を行いましょう。それを怠り、正常な数字を出せなくなった測定器をいつまでも利用している運動場で運動をすることほど、危険なことはありません。

温度計の校正だけは必ず行いましょう

小学校や中学校、高校などの教育機関のグラウンドには、必ず温度計が設置されています。生徒の安全のためです。気温の変化は人間の体調や心の状態にとても影響を与えます。また、夏の炎天下の中など、普段以上に気温が高くなっていることに気がつかず同じ内容の運動をしてしまうことほど危険なことはありません。運動をするにしても、体調管理を怠ってはいけません。それと同時に、設置してある温度計の状態を確認、校正することも怠ってはいけません。逆に言えば、計器を定期的に校正しているグラウンドは、常に正しい気温を示しているわけですから、安心して運動ができるということです。運動は安心して行わなくては意味がありません。学校の用務担当者や教員の方は、気温を測定する計器の状態だけは気をつけましょう。専門の業者を常に呼ぶようにしても良いでしょう。

温度計の校正が必要な理由

学校の校庭やイベント会場、屋外運動場や大きな公園などには、その場の気温を正確に把握するための温度計が設置されています。その場所の利用者の安全のためです。特に運動を行う施設では、急激な気温の変化は体調に対して多大な影響を与えます。気温の変化を無視して同じレベルの運動を続けることは大変なリスクです。特にこれからの夏場の暑い時期などは、気温の変化には常に気をつける必要があります。ですから、設置されている温度計が常に正常に働いているかは、定期的に確認する必要があります。あるいは、定期的な校正が必要です。学校の用務員の方などは、ほかの設備の確認も仕事に組み込まれていますが、何よりも気温を測定する機器だけは、その状態に気をつけなくてはいけません。生徒たちの健康に関わる重要事項です。定期的な校正さえ行っていれば、少なくとも気温に関しては間違いなく確認できていますので、安心して運動ができることでしょう。

計量、計測関連団体が集まる国内最大級のフォーラム、計測標準フォーラムを開催しますが、今回は自動車関連の計測がテーマです。 事業内容 は、家庭用や業務用の電気計器の検定と検査をすることと、毎日の生活には欠かせない電気の維持と供給、電気計測等の研究や開発です。 対象エリアへのメッセージは、確実で公正な技術によって生まれる確かな信頼、それが私たちの信じる技術です。 温度計の校正実施のことなら「JEMIC」へ!