温度計の中でも電気的に温度を計測するセンサーは種類によって校正する頻度がちがいます。誤差はセンサーごとにちがいますが、おおむね等級数による許容差内に収まっています。白金測温体は経年による変化が小さいので1度校正すれば数年間は必要ありません。サーミスタ測温体は経年による変化が大きいので1年に1回程度おこなうことが望ましいです。熱電対は接合部の変質により経年による変化がおこるので、接合部を作り直してからおこないます。校正方法は一定温度の水槽の中に、基準となる標準温度計と温度センサーを入れ調整します。水を用いるのは空気に比べて温度制御が容易なことと熱伝達が早いので調整がスムーズに進む為です。調整時の計測誤差は、温度センサーの信号を計測や記録するデータロガ由来のものがあります。調整にはできる限り実際に使用するデータロガと、同じものを使用することが望ましいです。

温度計の校正をしよう

温度というのは非常に大切です。これがしっかりしてないと大変になる場合があります。食材を管理するのも温度調節を細かく設定してないと腐らしてしまいます。一般家庭の冷蔵庫の温度は自分が食べる物なので、細かく知る必要が無いですが、食材を取り扱っているお店や業者は冷蔵庫、冷凍庫の温度を細かく知る必要があります。美味しく食べれる温度は単純な温度計では分かりません。しっかりと測れることで大切に保管することができます。食材を取り扱う場合、温度を管理しないと罰則を受けるので気を付けましょう。機械が故障してないか確認することもできます。電子レンジの温度が正常数値にいっているか確認することができます。相当高温になるので、業者が作る温度計ではないと測れません。機械が正常なのか校正することが大事になるので、頼んでみましょう。

温度計の校正を怠ってはいけません

小中学校の校庭や、野球場、屋外競技場などの運動施設はもちろん、イベント会場などには業務用の温度系が設置されています。人々の体調や心の状態、身体のコンディションなどは、気温というものが大変影響を与えるからです。特にこれからの夏場になってくると、急激な気温の上昇によりトラブルが起こることも少なくありません。人間が安心して活動できる場所にする為にも、気温の変化を測定できる機器は必ず設置しなくてはいけないということです。その温度計はいかに強固なつくりであっても、精密機器ですから経年とともに劣化してしまうことは否めません。雨風や炎天下にさらされる屋外であればなおのことその劣化速度は早くなるでしょう。そこで、定期的な確認、校正が必要であるということです。競技場などは、専門の業者を呼んで定期的な校正をしていただいているところが多いです。