魅力的なオフィスデザインは働き手にとって重要な条件

オフィス デザイン

働く人にとってオフィスの環境というのは仕事自体に影響を及ぼすため非常に重要であるといえます。オフィスの配置や照明を工夫するだけで仕事がはかどりやすい環境を作ることができるのをご存知でしょうか。例えばオフィスではこれまで白熱灯のような白い色の照明が用いられることが多くありました。これはパソコンの画面や資料の文字など手元を見やすくできる効果があるためでしたが、最近では家庭と同じように黄色の温かみのある照明の色を用いるとリラックス効果があり、仕事がはかどりやすいことがわかってきています。また照明だけでなくオフィスそのものを働きやすいデザインにすることで、作業効率が上がるうえ従業員のモチベーションも上げることができるなど多くにメリットがあるためこうした工夫を行うことは非常に大切であるといえます。

仕事がはかどりやすいオフィスのデザインとは

仕事がはかどりやすいオフィスのデザインとは、まず一人ひとりの作業時間が圧倒的に多いデスク周りから注目するとよいでしょう。デスク周りが整理整頓されていなければ、どこにどんな資料があるのか、また文房具を使いたい時にもどこにあるかわからないと探している時間は非常にもったいないです。そのためまずは物を減らし、一人ひとりの荷物の量を決めることが重要です。資料は資料の場所を決め全員で共有することや文房具も共有することにより荷物は減らすことが可能です。またデスクは一人ひとりで区切られている場合もありますが開放的であった方が周りとのコミュニケーションがとりやすく、コミュニケーションが増えることで仕事を効率的にこなすことも可能となります。最近では一人ずつにデスクを準備するのではなく、あえて決まった場所に座らずその日の作業内容によってデスクを決める企業も増加しています。

色で作る働きやすいオフィスのデザインとは

デスク周りの整理整頓は実は基本的なことで、すでに実施しているが仕事がはかどるオフィスになっているか疑問という場合もあるでしょう。デスク周り以外で仕事がはかどりやすいオフィスのデザインを考える上でオフィスに色を入れることは非常に重要です。色と光から人間は精神的な影響を受けやすく、例えば青や緑は新しいアイデアをうみ出したい場所に適しています。また緑はリラックス効果があるというのは有名ですが、オフィスにも観葉植物などを置いて緑を入れることでストレスが少なく、活動意欲を高めることにも効果があるためおすすめです。また色だけでなく空間も非常に重要で、天井が高いオフィスや外が眺められる窓があると自由な発想がうまれやすく、リフレッシュすることもできるため、こうしたことに注意しながらオフィスをデザインしていくとよいでしょう。